• zushimitsuhiro

収穫


舞台「四月の霊」

福岡公演を終えた。

稽古、本番という約10日の福岡での生活。

とても刺激的な時間だった。

「終わりという時は、始めを思い出す。」

と、

舞台を終えると、

いつも思うが、

稽古の始めの頃を思い出す。

あの始まりの時に作った、自分の理想を超えられたか。

終わった今、

それを考える。

この作品での自分の役割を果たせたかは、

僕自身が決める事ではないが、

自己評価は当然する。

自分自身が満足いくものを見せる、

と思ってやるきるが、

当然100%の満足いくものが出来たと思える事は、

ほぼない。

だから面白いとも言えるのかもしれないが。

今回の作品は、

男一人。

僕以外のキャストは、全て女優。

その中で、

自分の芝居をどうとけ込ませ違和感をなくし、

作品の力になれるか。

そんな事を思っていたが、

終わった今思うことは、

自分だけの力ではどうもならないという事。

演出家、全キャストと作り上げることが一番大事なことだな、

と改めて思わせてもらった。

こういう環境だからこそ思った事、

たくさんあった。

それは、

福岡の地で稽古し、公演をするということも同じ。

いつもとは違ったものを感じれた事は、

とても大きな収穫だった。


93回の閲覧

最新記事

すべて表示

ご報告

先日の舞台「区立すーぱーうるとらスゲェふぁいやーこんと小学校」の共演者が、新宿でのクラスターの影響で、コロナウィルスの接触者の可能性があり、PCR検査を受けましたが、 「陰性」という結果が出ました事をご報告致します。 私、図師光博も、次の舞台の稽古が始まっていることから、すぐに稽古参加出来るよう、 先日、自主でPCR検査を受けました。 結果は「陰性」でした。 本番が終わってから、検査に行った以外は

自分へ

コロナという見えない敵に、 芝居が、舞台が出来ない状況になった。 今やるべき事は、自粛。自粛、自粛。 もう、この字が嫌いになった。 だから、『自祝』にする。 なんか少しは気分が楽になる。 今年の目標は、 年間の舞台出演数が一番多い年、 新たなズメラ購入、 そして、海外への一人旅。 そう、見事に全て叶わなくなった。 いやそれどころか、 生活の危機に直面。 『人生何があるかわからない。』 こんな言葉が

Copyright (C) Mitsuhiro Zushi official website. All Rights Reserved.