• zushimitsuhiro

あの頃


舞台『四月の霊』福岡公演、

場当たり、ゲネを終えた。

劇場が中洲の近くという事もあり、

中洲を歩いて、

ホテルまで歩いて帰っている。

15、6年前、

確かに僕はここを歩いていた。

大学生の時、

親父の単身赴任先の福岡に、

夏休みを利用して3年連続で来ていた。

この時の俺は、

自主映画を始め、夢中になり、

すでに役者を志し、卒業後は東京へ行くことを決めていた。

その仲間と福岡に来た事もあった。

親父の車で、

柳川や、熊本の阿蘇、

北九州にも足を運んだ。

仲間とお金を出し合い買ったビデオカメラで、

その旅を撮影しながら。

熊本の阿蘇にある『大観峰』

夜景が綺麗で有名な場所。

ここで、

仲間と自分の夢を語り合ったのはよく覚えている。

若気の至り、ってやつ。

役者で売れる、

そんななんの根拠もない自信、

ちっぽけな覚悟だけがあったあの頃。

あれから、

15、6年が経ち、

今こうして俺は福岡に来て、

同じ街を歩いている。

なんの根拠もない自信だけだったあの若者が、

今、

劇場で芝居を終え、

同じ街を歩いている。

ほんの少しだけ、

まだまだ少しだけだが、

自信の根拠を持ってこの街を歩いている。

その自信、覚悟を、

明日から開幕の「四月の霊」で、

素敵なキャスト、スタッフと共に、

全力で見せたいと思う。

舞台「四月の霊」

いよいよ明日より開幕。


189回の閲覧

最新記事

すべて表示

ご報告

先日の舞台「区立すーぱーうるとらスゲェふぁいやーこんと小学校」の共演者が、新宿でのクラスターの影響で、コロナウィルスの接触者の可能性があり、PCR検査を受けましたが、 「陰性」という結果が出ました事をご報告致します。 私、図師光博も、次の舞台の稽古が始まっていることから、すぐに稽古参加出来るよう、 先日、自主でPCR検査を受けました。 結果は「陰性」でした。 本番が終わってから、検査に行った以外は

自分へ

コロナという見えない敵に、 芝居が、舞台が出来ない状況になった。 今やるべき事は、自粛。自粛、自粛。 もう、この字が嫌いになった。 だから、『自祝』にする。 なんか少しは気分が楽になる。 今年の目標は、 年間の舞台出演数が一番多い年、 新たなズメラ購入、 そして、海外への一人旅。 そう、見事に全て叶わなくなった。 いやそれどころか、 生活の危機に直面。 『人生何があるかわからない。』 こんな言葉が

Copyright (C) Mitsuhiro Zushi official website. All Rights Reserved.