• zushimitsuhiro

ノコッタカンカク 終幕


ツツシニウム 舞台「ノコッタカンカク」 

ご来場いただきました皆様、 ご声援いただきました皆様、 本当に本当に、 ありがとうございました! 

稽古に入ってからは、 主宰、作・演出の慎太郎さんの理想を超えるものを、と、 「自分を驚かせる」事を心に置いてのぞみました。 芝居をするにあたって、 演出の慎太郎さんも言ってくれてましたが、 シリアスだろうがコメディだろうが、 僕の中ではそんな変わりはありません。 (それをいい当てた慎太郎は、 本当に見透かされてるんだなぁ、と驚きました。) ただ今回は、 カスパー・ハウザーという実在する人物も演じたので、 そこにはかなり神経を使った部分はありましたが。 人を笑わせるには、 人の心を動かさなければ、 人は笑わない。 これも一つの感動。 人の心を打つのも一緒。 だから、 シリアスもコメディも一緒だと思っている。 ただ、 この役は本当に自分にとって大きな財産になった事は、 間違いない。 このような役を頂いた事に、 心より感謝。 そして、 この座組みに参加出来た事を誇りに思います。 少数精鋭の 優れたキャスト陣とこの作品を作り上げれて、 本当に楽しかった。 ありがとうございました! 


66回の閲覧

最新記事

すべて表示

ご報告

先日の舞台「区立すーぱーうるとらスゲェふぁいやーこんと小学校」の共演者が、新宿でのクラスターの影響で、コロナウィルスの接触者の可能性があり、PCR検査を受けましたが、 「陰性」という結果が出ました事をご報告致します。 私、図師光博も、次の舞台の稽古が始まっていることから、すぐに稽古参加出来るよう、 先日、自主でPCR検査を受けました。 結果は「陰性」でした。 本番が終わってから、検査に行った以外は

自分へ

コロナという見えない敵に、 芝居が、舞台が出来ない状況になった。 今やるべき事は、自粛。自粛、自粛。 もう、この字が嫌いになった。 だから、『自祝』にする。 なんか少しは気分が楽になる。 今年の目標は、 年間の舞台出演数が一番多い年、 新たなズメラ購入、 そして、海外への一人旅。 そう、見事に全て叶わなくなった。 いやそれどころか、 生活の危機に直面。 『人生何があるかわからない。』 こんな言葉が

Copyright (C) Mitsuhiro Zushi official website. All Rights Reserved.