• zushimitsuhiro

18回目の春

東京に来て18回目の春を迎えた。


毎年この季節は、

上京してきた時のことを思い出す。


小さな荷物と、

とてつもなく大きな夢と、根拠のない自信を持って東京に来た18年前の春。


上京してすぐバイトを始め、

朝早くから京浜東北線に乗りコーヒーショップに向かう日々。


俳優になる、という根拠のない自信を持って上京したものの、

一年、二年とバイトしかしていないことで、

その根拠のない自信がみるみる消えていった。


そして、

五年立った頃には、

俺は俳優にはなれないのでは、

という不安を超え、

そのバイト生活が当たり前にすらなっていた気がする。


早朝の京浜東北線でよく聴いていた曲の歌詞、

「まだ見たことのない未来で

勇敢に戦う俺がいる

きっとそうだろ どうなの?」


あの時の、

早朝の京浜東北線に乗っていた俺からしたら、

今の俺は、未来の俺。


18年前のあの時の俺に言おう、

「今も戦ってるぞ」

そして、

あの「根拠のない自信」は、

今は「覚悟」にかわっているぞ。


あの時持っていた大きな夢は、

形は違えど、叶っているぞ。

だから、

その根拠のない自信を大事に、もっともがけ。




そしてここからは10年後の俺に聞こう。


10年後、50歳になっている俺は、

その「覚悟」は何に変わっている?


一つだけ分かることは、

今までの18年間よりもっと楽しいだろう。


漠然と突っ走って来た18年間より、

目標を掲げ、

新たに持った覚悟と共に歩む10年に、

俺はあの時以上にワクワクしているから。



待ってろ10年後の俺。


今俺が思っている自分より、

もっと楽しんでる俺にしてやるから。




閲覧数:89回

最新記事

すべて表示

先日の舞台「区立すーぱーうるとらスゲェふぁいやーこんと小学校」の共演者が、新宿でのクラスターの影響で、コロナウィルスの接触者の可能性があり、PCR検査を受けましたが、 「陰性」という結果が出ました事をご報告致します。 私、図師光博も、次の舞台の稽古が始まっていることから、すぐに稽古参加出来るよう、 先日、自主でPCR検査を受けました。 結果は「陰性」でした。 本番が終わってから、検査に行った以外は

コロナという見えない敵に、 芝居が、舞台が出来ない状況になった。 今やるべき事は、自粛。自粛、自粛。 もう、この字が嫌いになった。 だから、『自祝』にする。 なんか少しは気分が楽になる。 今年の目標は、 年間の舞台出演数が一番多い年、 新たなズメラ購入、 そして、海外への一人旅。 そう、見事に全て叶わなくなった。 いやそれどころか、 生活の危機に直面。 『人生何があるかわからない。』 こんな言葉が